みなさま、こんにちは。一澤藍子です。

実は私は、けっこう「自分を大切にする」ということをしてこなかったし、それが苦手なタイプです。

「自分を大切にする」ということは、周りの大切な人のことを大切にする、ってことにもつながりますから、本当に本当に、大事なこと。

私たちには、それができない時、心理学的にいろいろなルーツを探ることもしますが、今回はいくつか日々の生活の中で私が気をつけてみていることを順番に書いてみたいなと思います。

やりたくないことをやらなければいけない時


「自分を大切にしましょう」と言われたら、わかりました!じゃあ、やりたくないことはやらなくていいのですね!?って思ったことはありませんか?

私はズバリ、あります!!えーー、自分を大切にって、でも実際に面倒くさいことや、やりたくないこと、いっぱいあるのに!嫌なことをイヤイヤやるって、全然自分を大切にしてないー、ってことになるではないですかー。って思っていました。

ある日、こんなことがありました。何かとバタバタしていた日のこと、夕飯を作ろうと思ったら、お米がありません!いつも買ってあるはずなのに、新しいお米の袋もなく、米びつ(あれ?言い方、古い?!)の中にも1カップ分くらいしかありません。

こんな時、私はいつも誰かのせいにしてきました。

あ・・・。誰か、ではありません。夫です、はい。

なんで?!お米を買うのは夫の役割なのに!!買ってきてくれてないから、もーー!!雨、降ってるのに!?私に今から行けと、そう申すのか!?無理だよ、泣くーー!!泣くーー!!!

この日も、いつものこのパターンで、お米がない→夫!(怒)という一連の流れが始まりそうだったので、いやいやいやいや、そうじゃない。と、一旦思いとどまりました。

誰かを責めてしまう時は、そもそも自分を責めていると言うし、今もしや私は私を責めてる?と、確認作業。

私が、いつもなら『そろそろお米がない〜〜』とか夫に言ったり、一緒に買い物に行った時に『お米!』って言ったり、ネットでちょっとお買い得になっているお米を見つけたらポチっと頼んでおいたりすることもあるのに、今回は、残り1カップになるまでに、そのどれも私はしていなかったわけですね。

どうやら、その自分を責めたみたい。

まあー、あるよねー。お米って、重いから買い物ついでに、気軽には買えいないし。今週はバタバタ忙しくて、気が付かなかったな。しかたない、しかたないー。

そう思ったら、不思議と「夫」というワードは消えていきました。この怒り!誰にぶつけましょう!という気持ちがなくなったからですね。今はお仕事中で目の前にいない夫のことは、思い浮かばなくなりました。

さて、しょうがない。でも、買いに行きたくない。やりたくない。でも、私は「自分を大切にする」チャレンジ中。どうしましょう。やりたくなーい!!誰かーーー、米ーーっ!!!

やりたくないことに直面した時の自己点検のための公式


そんな時は、自分にちょっと聞いてみます。いやだー!なんでお米ないのー!買いに行きたくないー!やりたくないー!!

え、ちょっとちょっと。まってまって。

『それを、もししたらどんな気分?』

この自分への問いが、私にはとても効果的でした。

お米がない。それに早めに気がつけなかった自分への罰ゲームのように、疲れた夕方、買いに行かなければならぬ!そんなふうに思っていると、もう、腰がおもくて、おもくて、立てなくなります。

でも、それをしたら?もし、雨の中でもお米を買いに行ったらどうなる?

・・・子供たちがちゃんと炊き立てのご飯をたくさん食べられるからホッとする。

私の中にはこの答えが浮き上がってきました。

『じゃあ、それを、もししなかったらどんな気分?』

裏付けをとるために、逆の問いも自分に投げかけてみます。

・・・なんでーーー?!今日、白ごはんないの?って言われて、必殺!自己攻撃祭りが始まって、『しかたないでしょ!お米きらしてて、なかったのよ!!』って子供たちに八つ当たりする私が目に浮かび過ぎて怖い・・・。

こんなふうに答えが導き出されました。

ゆえに、どっちがいい?

・・・買いに行くほうがいい!!!ってなったんですね。

導き出した答えの通りにしてみる


さて、この自己点検の公式を使って答えは導き出されました。その後は、よっぽど腰痛がひどいとか、目がまわるとか、すでに酔っ払っている、とかではない限り、その答えに従ってみます。

面倒くさいとは感じだけれど、私はレインブーツを履いて、お米が入るエコバッグを持って、家を出ました。

ここで、いろいろな付加的な用事をしないことも重要だと思うのです。このミッションは、公式に則って導き出された「お米を買う!」ということのみ。スーパーで他のお買い得なものが目に入っても、買いません。あ!めんつゆ、安い!とか、思って買ってしまったら、もう重くて涙目になるから。(過去にそんなことがあり過ぎたから!!)だから、お米を買うだけ。

私はいつものスーパーのお米コーナーに一直線、お米をゲットしました!なんか、ちょっとお安くなっていた!それだけでも、嬉しい。レジもすいてた。そして、エコバッグにもぴったりだ!よし、ミッション・コンプリート!!!

この時、いつか、心理学の先輩が、『自分で自分を褒めてあげる時、頭ポンポンってするといいよ』と教えてくれたことを思い出し、私は前髪を直すふりをして、自分の頭頂部をポンポンとして「よしよし、よくやった!」と心の中で自分に言いました。すると、ふふふっ、とちょっと良い気分!

マンションの下で、小学6年生の娘がお稽古からお友達と帰ってくるところに遭遇しました。めずらしく、男の子と仲良く話しながら帰ってきていて、バイバイー、ってした後に私に気がつきました。

『今の子、クラスの子!』そう教えてくれました。娘がお友達といるところも目撃できて、ちょっと得した気分にもなりました。

家に帰ってお米を洗っている時、やっぱり行ってよかったな!って思えました。こんな小さなことですけどね。自分を責めることも、夫を責めることも、「お米ないの!?」って言ったかもしれない子供たちにトバッチリすることもなくなりました。

これが私の、ほんとうにしたかったこと。

woman-smile


やりたくないことを、するかしないか選択する



やりたくないことに直面した時に、自分を責めていると、それをすることが「罰」みたいな感じになると思うのですね。

でもそうじゃなくて、上でご紹介した公式にあてはめて、自分に問いかけてみます。今回の私の例で言えば「答え:買いに行くほうがいい!」となりました。

でもね、時にはこの質問の結果「それをしても骨折り損のくたびれもうけになる」って答えが出てくることだってあります!「体力がゼロになって倒れてしまいそう!」そんな時はね、しなくていいと思うのです。

それをして、どう?って聞いてみて、きっとしなきゃよかった、って思う。って。そんな答えが自分の中から出てくることだってあります。

私の場合だって、『でも今日は本当にもう無理!』って思ったかもしれない。でもそれはそれで、OK。

要するに、この場合の「自分を大切にする」は、目の前のこと、それをしてどう?どっちがいい?って聞いてあげること。そして、自分のために選択してあげること。

自分を大切にすることは、やりたくないことやらなーい!じゃなくて、その先を想像すること。そして、どっちがいいか、自分に選ばせてあげること。

第3の答えとして「誰かに頼む」、それもあったって、いいと思うのです、選択肢にね。

自分を罰するためじゃなくて、自分が心地良くなるために、「どっち?」って聞いてみてあげることで、自分を大切にしていこうではありませんか、みなさん。

えーーー!!もう無理、いやだーー!!って感じが出てきた時は一旦「まって、まって!」って。「まちなさい!そこの君!」って二人乗り自転車を見つけた時のおまわりさんみたいに、ピピー!って笛吹いたと思って。

この自分への問いかけを、して、自分の本音をちゃんと聞いてみてあげましょうね!!!

・・・って、忘れんぼうの私のためにもここに記しました。

お読み下さって、感謝ですっ。